メニュー

これで安心!家事で手荒れがひどいときのケア方法3選

ビタミンAをしっかり摂取して皮膚の粘膜を強くしよう

手荒れがひどいときには、皮膚の粘膜も弱っていることが多いものです。ビタミンAは皮膚の粘膜を強化する作用があるので、毎日の食事に是非取り入れましょう。ビタミンAを多く含む食材としては、ニンジンやかぼちゃが挙げられます。かぼちゃは煮付けやスープにしても美味しいですね。キャロットジュースを飲むようにするのも良いでしょう。また皮膚を生成するコラーゲンも、鶏肉の皮や牛すじ肉などから摂取するのもひとつです。皮膚を綺麗に強くする食材を食べて、体の中からケアしていきましょう。

寝る前に蜂蜜を塗って手袋をしておやすみなさい

保湿効果の高いハンドクリームも勿論良いのですが、実は身近な食材で手に潤いを与えてくれるものがあります。それは、蜂蜜です。蜂蜜はビタミンCが豊富な上に抗酸化作用も高く、さらに保湿力も抜群です。蜂蜜を寝る前に手に塗って、手袋をはめて寝ることで、手にしっかりと潤いを与えることができます。手袋をはめると手が空気に触れないので乾燥を防いでくれるのです。手荒れがひどいときは、蜂蜜を塗って手袋を付けて就寝してみましょう。

あかぎれがひどい場合は皮膚科へ行って適切な薬を

手荒れがひどくなると、あかぎれが生じて指の先などが切れてしまうことがあります。こうなると、入浴中もシャンプーなどが切れた部分に滲みますし、痛痒くて非常に辛いものですよね。洗い物をするときはビニルの手袋をはめて行うと良いですが、なかなか治らないときは皮膚科に行って適切な薬を処方してもらいましょう。指先が切れている場合は、そこから雑菌が入って化膿することもあるので、ハンドクリームや蜂蜜などを塗るよりも適切な皮膚薬のほうが安心です。

品川美容外科の2chまとめサイト