メニュー

アンチ活性酸素!活性酸素を処理して美容に生かす

そもそも活性酸素とは何か

活性酸素とは、人間の細胞を錆びさせて老化や病気の原因となる恐ろしいものです。当然美容にも多大なる悪影響を与え、肌がガサガサになるなど見た目を悪くしてしまいます。活性酸素の発生は様々あり、ストレスを受けた時・体を動かした時など避けようがないものだと分かります。つまり活性酸素との向き合い方で優先するのは避けることではなく、素早く処理して細胞を守ることです。そのまま無防備で細胞にダメージを与える訳にはいきません。

手軽なのはビタミンによる防御

活性酸素を手軽に防御するには、ビタミンが有効です。特にビタミンCは強力な抗酸化力があり細胞を守ります。嬉しいことにビタミンCは多くの方に認知されているポピュラーな栄養で、野菜や果物に多く含まれています。なので適度に新鮮な野菜や果物を食べていれば不足することはありません。もし不足しているのであればサプリメントを飲むという手段もあります。ビタミンCは水溶性で体外へ出やすいので、こまめに摂取したいです。

アルコールと活性酸素

アルコールを飲むと、実は活性酸素を減らすことができます。酒は百薬の長と昔から言われるように、適度な摂取であれば身体的に精神的にも良い作用があります。しかし、飲み過ぎると活性酸素は減るどころか逆に増えます。なので判断が難しいですが、少し酔った状態で飲酒をストップさせると効果的です。なお、大量飲酒は活性酸素を増やしてビタミン類も破壊されるので百害あって一利なしと言えます。翌日の二日酔いの辛さを考えて飲酒したいものです。

品川美容外科の訴訟について詳しく